エンジニアの知らないISBNの話

本には商品判別のためのバーコードがついています。
いわゆるISBNコード(JANコード)です。
ECショップでは本を取り扱うために本の書誌を記録するテーブルを作成しますが、その際にint型でいいだろう? ユニーク制約でいいか?とおもってはいけないません。

先に結論を書いてしまうと

  • 文字が含まれる可能性がある
  • 先頭に0が来る可能性がある
  • ユニークではない

char型にして、ユニーク制約をつけないほうがよい理由

1. 文字「X」が含まれる可能性がある

ISBNコードには10桁と13桁があります。
10桁ISBNコードは9桁+チェックデジット1桁で構成されます。
古い体系ですが、一部で使うことがあり、チェックデジットに文字「X」がはいる可能性があります。
これはチェックデジットがモジュラス11、ウェイト10-2という方法で算出されるためです。
計算方法をphpで書くと

/**
 * ISBN10桁のチェックディジットを返す
 */
function getCheckDigit10($jan9)
{
    $sum = 0;
    $cnt = 0;
    for ($i = 10; ; $i--) {
        if ($cnt > 10) {
            break;
        }
        $sum += substr($jan9, $cnt, 1) * $i;
        $cnt++;
    }
    $remainder = $sum % 11;
    if ($remainder == 0) {
        return 0;
    }
    $check_digit = 11 - $remainder;
    if ($check_digit == 10) {
        $check_digit = 'X';
    }
    return $check_digit;
}

2. 先頭に0がつく可能性がある

ISBNコードと書きましたが、実際にバーコードになっているのはJANコードです。
そしてJANコードは先頭が「0」になる可能性があります。
本を売るショップとして取り扱いそうなJANコードは3種類。

  1. 一般商品JANコード
    45,または49で始まる12桁+チェックデジット1桁の13桁JANコード。
    45と49は日本に割り振られた国コードなので固定。
    雑誌やグッズなどに使われています。
  2. 書籍JANコード
    9784で始まる12桁+チェックデジット1桁の13桁JANコード。
    978は世界共通の書籍コード
    4は日本に割り振られた国コードなので固定。
    いわゆる13桁ISBNコード。
    コミックや書籍などに使われています。
    バーコードは2段になっており、上段は書籍JANコード、分類・価格のコード。
  3. インストアコード
    02、04、20〜29で始まる12桁+チェックデジット1桁の13桁JANコード。
    ポイントカード、会員証やレジ袋などの管理・販売用に使われる、小売店が独自につくって使用してよいJANコード。
    20〜29始まりのJANコードを使用すればいい話だが、02、04も準備しておくに越したことはない。

JANコードのチェックデジットはモジュラス10、ウエイト3-1という方法で算出されるため0〜9の数字になります。

/**
 * ISBN13桁のチェックディジットを返す
 */
function getCheckDigit13($jan12)
{
    $sum_odd = 0;
    $sum_even = 0;
    for ($i = 11; $i >= 0; $i--) {
        if ($i % 2) {
            $sum_odd += substr($jan12, $i, 1);
        } else {
            $sum_even += substr($jan12, $i, 1);
        }
    }
    $sum = $sum_odd * 3 + $sum_even;
    $division = $sum % 10;
    return (10 - $division) % 10;
}

3. 同じJANコードが使われる

JANコードは同じコードが存在するのでユニークではありません。

  1. 書籍JANコードの場合
    「今現在販売中の本」と限定すれば書籍JANコードはユニークになります。
    ただし、本が絶版になったあと、そのJANコードは別の本に付番されます。
    そのため、今までに発売したすべての本のJANコードだと同じJANコードをもつ本が複数存在します。
  2. 雑誌の一般商品JANコードの場合
    雑誌に付番されている雑誌コードから一般商品JANコードが作成されます。
    その際に西暦の下1桁を使用しているため、10年ごとに同じコードになります。

以上がISBNコード(JANコード)をint型、ユニーク制約にしては行けない理由でした。
10桁と13桁のどちらも記録できるようにしてあると便利かもしれません。

Current rating: 5

コメント

コメントを投稿
コメントするには TORICO-ID にログインしてください。
ログイン コメント利用規約