海外回線からのブラウザリクエストを日本のオフィスから SOCK5プロキシを使って行う

海外回線からリクエストされた時に応答を変えるようなサービスで、実際の海外からアクセスした時のレスポンスを日本国内のPCから試したい場合は、SOCKS プロキシを使うと便利です。

実際に起動した、自分のコントロールしているサーバを使います。怪しげな VPN サービスを使わなくていいため安全です。

 SSHログインできる海外のサーバを用意する

海外リージョンで起動している AWS の EC2 などを使います。SSHでログインできるようになっており、HTTP関係のアウトバウンド通信がブロックされていなければOKです。

使っているPCで、 -D オプションをつけて SSHログインする

$ ssh -D 10080 user@example.com

これを行うと、普通にSSHのセッションが開始されますが、そのPCの 10080 ポートで SOCKS v5 プロキシが使えるようになってます。

SOCKS プロキシの接続先を、localhost:10080 にする

システム環境設定 から、プロキシの設定を行います。

Firefox はブラウザ内に固有のプロキシ設定を持っており、そこで特別な設定を行うこともできますが、デフォルトでは OS のプロキシ設定を使うようになっています。

接続を確認する

確認くんhttps://httpbin.org/ip を見て、接続元IPアドレスが変わっていることを確認できます。

Selenium でプロキシ設定済みのブラウザを起動する

システム環境設定を開いてプロキシの設定を変更するのは面倒ですが、Selenium を使えばプロキシ設定済みのブラウザインスタンスを起動できます。
( 127.0.0.1 となっている箇所は localhost でも同じです。)

Pythonスクリプトの例

Chrome

from selenium import webdriver
options = webdriver.ChromeOptions()
options.add_argument("--proxy-server=socks5://127.0.0.1:10080")
options.add_argument('--proxy-bypass-list=""')
driver = webdriver.Chrome(options=options)
driver.get('about:blank')

Firefox

from selenium import webdriver
profile = webdriver.FirefoxProfile()
profile.set_preference('network.proxy.type', 1)
profile.set_preference('network.proxy.socks', '127.0.0.1')
profile.set_preference('network.proxy.socks_port', 10080)
profile.set_preference('network.proxy.no_proxies_on', '')
driver = webdriver.Firefox(firefox_profile=profile)
driver.get('about:blank')

ターミナル(シェル)でプロキシ設定済みの Chrome を起動する

open -a "Google Chrome" --args --proxy-server="socks5://127.0.0.1:10080" --proxy-bypass-list=""

Google Chrome や Chromium の場合、コマンドラインオプションでプロキシの設定を行うこともできます。ただし、一度起動してしまうと、プロセスを完全終了しないと設定がクリアされないので戻す時が若干面倒です。

Currently unrated

コメント

コメントを投稿
コメントするには TORICO-ID にログインしてください。
ログイン コメント利用規約