AWS CloudFrontにACMの独自SSL証明書を適用する

CloudFront には、AWS ロードバランサー (ELB,ALB) と同じように ACM (Certificate Manager) で無料で作成したSSL証明書を適用することができます。

ポイントは、us-east-1 (バージニア北部) リージョンのACM で作った証明書のみ選択できるというところです。

1. ACMでSSL証明書を作る

1-1. us-east-1 の ACM へ行く https://console.aws.amazon.com/acm/home?region=us-east-1#/

1-2. 証明書のリクエスト をクリック

1-3. パブリック証明書のリクエスト → 証明書のリクエスト

1-4. ドメイン名を入力。「この証明書に別の名前を追加」すると、SSL証明書の SAN (Subject Alternative Name ) になる。

1-5. 検証方法はお好みで。DNSだと、使用後にレコードを消さないと後々レコードを見つけた時に混乱の原因になるので、削除するひと手間が多くかかる。Eメールの方が好み。

検証が終われば、SSL証明書が使えるようになります。

2. CloudFront に適用する

2-1. CloudFrontの、Distribution Settings を開く

2-2. Alternate Domain Names に、使うドメインを書く

2-3. SSL Certificate で Custom SSL Certificate (example.com): を選ぶと、us-east-1 (バージニア北部) リージョンのACMで作った証明書の一覧が出てくる。
先程作ったSSL証明書を選択。

これで 独自ドメインのSSL証明書が CloudFront で使えます。

あとは、DNSで、使うドメインのCNAME を CloudFront のドメイン (xxxxxxxxxxx.cloudfront.net) に向ければ、独自ドメインのHTTPリクエストがSSL通信でこの CloudFront を経由するようになります。

Current rating: 5

コメント

コメントを投稿
コメントするには TORICO-ID にログインしてください。
ログイン コメント利用規約

Recent Tweets

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    @linear_pulse 同様の現象が出てました。
    4 days, 16 hours ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    django-allauth 0.45 の 昨日のリリースで Python3系からの Apple Signin できない不具合直ってる https://t.co/JHcM3g2GCT
    1 week, 4 days ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    あんまりPC詳しくない人とか普通に踏んじゃうと思うので、キヤノン製品は控えることにする
    1 month, 2 weeks ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    ダメサイトっぽい https://t.co/GBlGq9T3Oe 公式はこちらでした https://t.co/sPvhEowLdt
    1 month, 2 weeks ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    whoisも怪しすぎるんだけど
    1 month, 2 weeks ago