Webクライアントはリッチに、モバイルアプリクライアントはシンに運用開発する

  • Django, Nest, Laravel, Rails などの サーバサイドアプリ(APIサーバ)
  • Vue, React などの Webクライアント
  • iOS, Android 用の モバイルアプリクライアン

これらを組み合わせてサービスを作ることはよくあり、TORICOでもそうです。

Webクライアントとモバイルアプリクライアントは役割として同じものになるので、同じような感覚で開発を始めることはよくあります。

しかし、アプリのファーストリリースが終了し、運用開発のフェイズとなった時、同じような感覚で機能追加を進めていこうとするとうまくいきません。モバイルアプリは、非常にリリース速度が遅いのです。

アップデート容易さの比較

サーバサイドアプリ、Webクライアント、モバイルアプリクライアントをそれぞれ並列で比較した時、それぞれの更新の容易さ、障害時のインパクトは以下のようになると考えます。

Webクライアント

サーバサイド

モバイルアプリ

更新の容易さ

()

()

障害時のインパクト

Webクライアントとモバイルアプリクライアントは、使用用途としては同じですが、アップデート時の性質はまったく逆です。

Webクライアントは、ブラウザでアクセスすれば常に最新版のプロダクトが使えます。これはほぼ必ず自動的に入手でき、古いバージョンがそのまま使われることはまずありません。

比較して、モバイルアプリクライアントは、アップデート作成時にプラットフォーマー( Apple, Google ) の審査をまず通さなければならず、審査を通すのに数日が必要です。アップデートを提供したとしても、利用者の設定によっては自動アップデートはされないため、古いバージョンを使い続けられることもありあす。

更新難度を下げるためのテクニック

モバイルアプリのコードを動的にアップデートする方法が存在します。ゲームで多く使われています。

他に、古いアプリバージョンでAPIアクセスした時にアップデートを促してサービスを受け付けないなどの対応も考えられます。ただしどちらも基本的にプラットフォームの規約違反なので、通常は選択できません。

更新難度が高い理由

例えば、APIのエンドポイントURLをリファクタリングにより更新したい場合、Webアプリの場合はクライアントも同時に更新してリリースすれば、大抵は問題ありません。

しかしモバイルアプリのクライアントを扱っている場合、旧バージョンのユーザーを考慮して、古い仕様のAPI エンドポイントもしばらく(年単位で)残しておく必要があります。この非生産的なサービス保守は、モバイルアプリ運用をする上での大きな負荷となります。

そのため、モバイルアプリクライアントでサービス運営をする場合、なるべくクライアントで計算(判断)をさせない設計とした方が素早いサービス改修が行えます。

アップデート頻度を下げる

例えば日付時刻をモバイルアプリクライアントで表示する場合。

DBに日時型で入っている情報を、どこかで文字列にフォーマットする必要がありますが、私は文字列へのフォーマットは大抵サーバサイドで行い、文字列でモバイルアプリに送るようにしています。また、何かのリスト表示時の並び替えなども、可能であればすべてサーバサイドで行い、なるべくモバイルアプリクライアントでの計算は減らします。

そうしないと、何かの調整時…例えば、日付時刻を表示する箇所に「未定」と表示したいケースとなった時、わざわざ新たなアプリをビルドしてプラットフォーマーの審査を通過させ、新旧両バージョンのクライアントが同時に存在することを考慮してAPIの改修も行わなくてはならないという、目指す成果に対して非常に時間と手間のかかる運用開発をしなければいけません。

さらに、そのアプリに問題があり、「未定」と表示しなければならない箇所でアプリがクラッシュしてしまうビルドをリリースしてしまうと最悪です。ある一定の利用者は、不具合のあるバージョンを更新することなく、使い続け、障害が発生し続けます。それがプラットフォーマーの目に止まった場合、最悪でアプリの配信停止までありえます。

この困難さは、Web畑の開発者からの理解は難しいかもしれません。私の感覚では、モバイルアプリをリリースし運用開発を行っていくのは、コード量が同じだとするとWebクライアントの5倍大変です。5倍時間がかかるとも言えます。目標が同じなのに、4倍の回り道が追加で強いられる感覚です。

Webクライアントの運用開発

逆に、Vue や React などの Web クライアントの場合、更新が簡単な上に何か不具合があっても致命的な問題には発展しづらいため、クライアントサイドでもサーバサイドでもできるような処理は、なるべくクライアントサイドに寄せていったほうが素早いリリースが行えます。

クライアントサイドの改修ミスが、不正な支払いにつながったりセキュリティホールになることはほとんどありません(これはモバイルアプリでも言えることですが)。逆に、サーバサイド改修では、ちょっとした修正ミスがセキュリティホールにつながったりコアサービスの停止になることは少なくありません。そのため、Webクライアントのほうがサーバサイド改修より気軽に新規リリースができます。

気軽に改修できる分、どちらでも行えるような処理はWebクライアント側になるべく寄せることで、リリース頻度を高め、早く顧客体験を上げることができ、サーバの負荷軽減にもつながります。

まとめ

Webクライアントとモバイルアプリクライアントは、行う仕事としては同じようなものですが、

  • Webクライアントは更新が容易で不具合発生時のインパクトも少ないため、よりリッチに設計していったほうが良い。
  • モバイルアプリクライアントは、更新に時間がかかり、更新も強制させることはできないため、よりシンに設計し、サーバ側で表示内容などをコントロールしたほうが良い。

と、逆の運用開発方針で進めていったほうが、プロジェクトをうまく進捗できると考えています。

Current rating: 5

コメント

コメントを投稿
コメントするには TORICO-ID にログインしてください。
ログイン コメント利用規約