DB(MySQL)をネットワーク越しに簡単にコピーする。mysqldump + パイプで。python subprocess の例も

(コメント)

本番環境のデータベース(MySQL)をネットワーク越しに開発環境にコピーしたい時のプラクティスです。

シェル + パイプ

よくやるのが、bash等 でパイプを使って流し込む方法です。

$ ssh user@production.example.com mysqldump \
--skip-lock-tables \
--host=xxxx.rds.amazonaws.com \
--user=xxxx \
--password=xxxx \
database_name table_name | \
ssh user@dev.example.com mysql \
--host=127.0.0.1 \
--user=xxxx \
--password=xxxx \
--database=xxxx

ssh で本番サーバ user@production.example.com に接続し、mysqldump を実行。その標準出力を SSH 接続を通して手元まで持ってきます。

ssh でもう一つ、開発環境サーバ user@dev.example.com に SSH接続し、mysql を起動。先ほどの本番環境の mysqldump 結果をパイプでそのまま流し込みます。

速度が充分に早く、通信経路も ssh で暗号化されるため安全に、効率良くコピーできます。mysql に余計な穴を空ける必要もありません。

mysqldump のオプションで --where を付けて読み込むデータを絞り込んだりもできます。

Python subprocess を使う

subprocess shell=True で実行

(あまり面白くない。読みにくい。)

import subprocess
subprocess.check_call("上記のコマンド", shell=True)

subprocess で、Popen や check_call などの引数に shell=True を与えることで、シェルコマンドをそのまま実行できます。

subprocess のパイプを使う (おすすめ)

subprocess でシェルのパイプと同様の処理が行えます。

dump_command = [
"ssh",
"user@production.example.com",
"mysqldump",
"--skip-lock-tables",
"--host=xxxx.rds.amazonaws.com",
"--user=xxxx",
"--password=xxxx",
"database_name",
"table_name",
]
dump_process = subprocess.Popen(
dump_command, stdout=subprocess.PIPE)

import_command = [
"ssh",
"user@dev.example.com",
"mysql",
"--host=127.0.0.1",
"--user=xxxx",
"--password=xxxx",
"--database=xxxx",
]
import_process = subprocess.Popen(
import_command, stdout=subprocess.PIPE, stdin=dump_process.stdout)

stdout, stderr = import_process.communicate()

ダンププロセスの stdout を インポートプロセスの stdin に接続して 2 つのプロセスを実行します。

Python のコードにしておけば、再利用性・メンテナンス性を高くでき、使い回しに優れます。

Django のデータベースコネクションを使う場合

from django.db.transaction import get_connection

dump_command = [
"ssh",
"user@production.example.com",
"mysqldump",
"--skip-lock-tables",
"--host=xxxx.rds.amazonaws.com",
"--user=xxxx",
"--password=xxxx",
"database_name",
"table_name",
]
dump_process = subprocess.Popen(
dump_command, stdout=subprocess.PIPE)

connection = get_connection(using='db_alias_name')
cursor = connection.cursor()

cursor.execute(dump_process.stdout.read())

ダンプコマンドの結果を read() して、そのまま Django データベース接続の cursor で流し込むこともできます。

※ダンプ結果を一旦メモリにためるため、データ量が多い場合ちゃんと動くかは不安です。そして他の例より効率は悪そうです。

現在未評価

コメント

検索

最近のツイート

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    フェルメール展を家族と見てきた。オランダの日常風景を切り取ったような絵画が多かったけど、「この風景ウィッチャー3で見たな…」ってのを結構感じた
    4 日, 10 時間 前

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    mac os mojavi にしたら、外部ディスプレイが紫色になったり認識しなくなったりしてる。けっこういるみたい https://t.co/m2RPsOjXZy
    3 週間 前

  • マンガ展/TORICO

    マンガ展/TORICO @manga10_torico

    ytyng

    『狂い鳴くのは僕の番 ;β(1)』楔ケリイラスト展 Re;Re;dewdrop[初日] https://t.co/X6SSIxZked オープンから沢山のご来場ありがとうございます‼ 新規展示物あり!ドラマCD台本にはケリ先… https://t.co/fGFbVzjCOB
    3 週間, 4 日 前

  • マンガ展/TORICO

    マンガ展/TORICO @manga10_torico

    ytyng

    本日は、社員一同参加の食事会その名も 『TORICO NIGHT』が開催されておりました。 日曜から始まる #狂僕drop を待ちきれずに じゃんけん大会では #ダンディさん が 「くるぼくじゃんけん」を!!!!! くるぼくじ… https://t.co/kzT0FoZkxR
    3 週間, 5 日 前

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    俺もスタバアプリにログインできないよ
    2 ヶ月, 1 週間 前