新着記事

Viewing posts by 高津のぶひろ

【合格体験記】新卒4ヶ月でAWS Certified Solutions Architect - Associate (SAA)を取得した話

新卒で入社して5ヶ月経つ高津です。

8/6にCLF、8/26にSAAに合格したのでそれについて書いていこうと思います。

なぜ受けようと思ったのか

会社からの推奨もあって4月に基本情報技術者試験を受けたのですが、

「基本情報くらいノー勉で受からなきゃ話にならん」

といきがってノー勉で受けたところ見事にあと1問のところで午前試験で落ちてしまいました。

運が悪かったと思いつつもあまりにも不甲斐ない結果で終わってしまったので流石に何か他の資格でもとっておこうと思い、色々検討した結果、今まで個人開発等で触ったことがありかつ弊社でも採用しているクラウドサービスであるAWSの資格試験は非常に馴染みが深く障壁が小さいと思い挑戦しようと思いました。

また普段使う機会のないサービスを学んだり体系的な知識を身につけるという面でも今後にとってプラスになるのではないかと思い受験しました。

勉強開始前のスペック

  • 個人開発で基本的なサービス(EC2,S3,Route53,RDS,IAM,CloudFront etc)は触ったことがある
  • 実務では前のインターン先で少し触ったくらい

CLF受験

CLFは巷では「簡単すぎて受ける価値が無い」などと言われていたりもしますが、SAAの勉強をいきなり開始するのは少し腰が重いと思って受けることにしまいした。結果的にCLFを最初に受けたことでCLF合格→SAA合格までのハードルがかなり低く感じて非常に良かったと思っています。

また、合格特典でSAA受験費用が半額になるのも非常に良いです。

勉強方法

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー という参考書を1周して脳にある程度インデックスを貼ってからUdemyの模擬試験問題集をひたすら解きました。

このときに学んだことが土台となってSAAの勉強にもかなり生きた実感はあります。

結果としては797点(700点が合格ライン)で100点近く余裕を持って合格できました。

SAA受験

CLFと同様まずは参考書で体系的な知識をインプットしようと思い**AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書という参考書を1周しました。**

CLFの勉強で使用した参考書のSAA版である**AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイトよりも図を用いて丁寧に解説されていたので頭に入ってきやすかったです。しかし、これ1冊で合格するのはCLFと同様難しいのでUdemyの過去問をひたすら解きました。**

CLF合格後、通勤の時間で軽く勉強する程度でまったりと勉強していたのですが、8月下旬にSAA02→SAA03に改定されて試験範囲が広くなることを知り慌てて1週間前に申し込んで追い込みました。

勉強する時間が全然確保できなかったので正直厳しいと思いましたがなんとか合格できました。

改定される前に取得できて本当に良かったです。

資格を取得して思ったこと

資格を取得しても何か特別な能力が身についたり給料が急に上がったりはしませんが、AWS全般的に自身がついたと思います。今までは必要にかられて少し勉強する程度だったのでAWSへの苦手意識もあり、そこまで自信はなかったです。しかし、取得後はプライベートでも気楽にAWSを触れるくらいハードルが下がり、会社内で飛び交うAWS関連の会話も難なくついていけるようになりました。車の免許を取得しただけで日頃から運転しないと運転できないペーパードライバーであるようにAWSの資格も取得しただけでは形だけのものになってしまうのでしっかり手を動かしてAWSを触り続けることは非常に重要です。資格を取得するだけではさほど意味は成さないと思いますがAWSを触るきっかけとしては資格取得は悪くないと個人的に思いました。

今後も余裕があればDVAやSOAも取得して4冠を目指して行きたいと思います。

新卒1ヶ月目の業務内容

4/1から新卒でエンジニアとして入社した高津です。
今回は新卒で入社1ヶ月でどのような業務を行ったのか紹介していきたいと思います。
TORICOにエンジニアとして入社を検討している人に少しでも参考になれば幸いです。

主な業務内容

自分はコーマス開発部で、漫画全巻ドットコムの開発をメインでやっています。

簡単なバグ(UI)の修正漫画全巻ドットコムのリニューアルの大きく2つに分けられます。

簡単なバグ(UI)の修正

こちらは数時間で終わるような簡単なUIの修正(改修)で入社して3日後にはプルリクエストを出していました。

  • アイコン(font-awesome)が正しく表示出来るようにする
  • 個人情報同意フォームの改修
  • 電話番号記入欄のに数字が4文字入るようにする
    などの業務を行いました。

漫画全巻ドットコムのリニューアル

漫画全巻ドットコムは10年以上続く歴史のあるサービスで最初はPHPで作られていました。
メンテナンス性に問題があったのでDjango+Nuxt.jsにリプレイスしています。
今回自分は電子新着ページ電子割引ページをリニューアルしました。(ブログを書いている時点で実装は終わっていますがレビューが終わってないので本番にはまだ反映されていません)
Nuxt(フロントエンド)は先輩方が作ってくれた雛形を軽く修正して利用出来るのでDjnago(バックエンド)の実装がメインでした。
今回はその中でも難しかったポイントをいくつか列挙したいと思います。

キャッシュを効かす

同じ値を取得して返すだけなのに毎回SQLを叩くのは無駄なのでkye-value型のNoSQLであるredius(メモリ)に一定時間値を保管し、値がキャッシュされていなければSQL等を叩く処理を行います。(keyは引数、valueは返り値で保存)
ページ単位(view)単位でキャッシュする方法とクラスメソッド単位でキャッシュする方法の2パターンあります。
カテゴリー別の作品数を取得する処理はページ間(異なるurl)でも共通したしょりなのでクラスメソッド単位でキャッシュする必要があり、少々手こずりました。

SQLの実行回数(IO)を極力少なくしパフォーマンスをあげる

今回一番苦戦しましたポイントです。
ただ実装するだけであればすぐ終わったのですが、最初の実装ではSQLを12回叩いてしまっていたのでリファクタリングする必要がありました。(俗に言うN+1問題が発生していました)
こちらはやり方を先輩方にご教示頂き、MySQLにだけサポートされているconcat関数をraw_queryで使い1回で取得することに成功しました。
実際には以下のようなSQLに落ち着きました。

select GROUP_CONCAT(sample_id) AS ids, group_type from
dtb_sample WHERE aggregate_type=
'%s' AND product_type = 2
group by group_type ORDER BY sort_key;

テスト

TORICOの開発ではただ動くものを作るだけでなくその後の保守運用のことも考慮して単体テスト、統合テストも書くように徹底されています。
特にDB設計が少々複雑なこともありテストデータを作るところはかなり苦戦しました。

具体的には以下のようなことをテストしました。

  • 各URLにgetして正しい値やstatusが返ってくるか
  • 各メソッドのすべての条件分岐において正しく動作するかどうか
これらのテストを書くことでテストのしずらいメソッドが見つかり、それをリファクタリングすることで保守性の高いコードに改善出来ます。

また、仕様が分からない人がみても理解できるようにWhy「なぜこの処理を書くのか?」を極力書くように意識しました。

まとめ

如何でしたでしょうか?

今現在23卒のエントリーを受け付けています。
少しでも興味を持ってくれた人は是非応募して頂けると幸いです。

Search