新着記事

Viewing posts from September, 2022

【合格体験記】新卒4ヶ月でAWS Certified Solutions Architect - Associate (SAA)を取得した話

新卒で入社して5ヶ月経つ高津です。

8/6にCLF、8/26にSAAに合格したのでそれについて書いていこうと思います。

なぜ受けようと思ったのか

会社からの推奨もあって4月に基本情報技術者試験を受けたのですが、

「基本情報くらいノー勉で受からなきゃ話にならん」

といきがってノー勉で受けたところ見事にあと1問のところで午前試験で落ちてしまいました。

運が悪かったと思いつつもあまりにも不甲斐ない結果で終わってしまったので流石に何か他の資格でもとっておこうと思い、色々検討した結果、今まで個人開発等で触ったことがありかつ弊社でも採用しているクラウドサービスであるAWSの資格試験は非常に馴染みが深く障壁が小さいと思い挑戦しようと思いました。

また普段使う機会のないサービスを学んだり体系的な知識を身につけるという面でも今後にとってプラスになるのではないかと思い受験しました。

勉強開始前のスペック

  • 個人開発で基本的なサービス(EC2,S3,Route53,RDS,IAM,CloudFront etc)は触ったことがある
  • 実務では前のインターン先で少し触ったくらい

CLF受験

CLFは巷では「簡単すぎて受ける価値が無い」などと言われていたりもしますが、SAAの勉強をいきなり開始するのは少し腰が重いと思って受けることにしまいした。結果的にCLFを最初に受けたことでCLF合格→SAA合格までのハードルがかなり低く感じて非常に良かったと思っています。

また、合格特典でSAA受験費用が半額になるのも非常に良いです。

勉強方法

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー という参考書を1周して脳にある程度インデックスを貼ってからUdemyの模擬試験問題集をひたすら解きました。

このときに学んだことが土台となってSAAの勉強にもかなり生きた実感はあります。

結果としては797点(700点が合格ライン)で100点近く余裕を持って合格できました。

SAA受験

CLFと同様まずは参考書で体系的な知識をインプットしようと思い**AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書という参考書を1周しました。**

CLFの勉強で使用した参考書のSAA版である**AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイトよりも図を用いて丁寧に解説されていたので頭に入ってきやすかったです。しかし、これ1冊で合格するのはCLFと同様難しいのでUdemyの過去問をひたすら解きました。**

CLF合格後、通勤の時間で軽く勉強する程度でまったりと勉強していたのですが、8月下旬にSAA02→SAA03に改定されて試験範囲が広くなることを知り慌てて1週間前に申し込んで追い込みました。

勉強する時間が全然確保できなかったので正直厳しいと思いましたがなんとか合格できました。

改定される前に取得できて本当に良かったです。

資格を取得して思ったこと

資格を取得しても何か特別な能力が身についたり給料が急に上がったりはしませんが、AWS全般的に自身がついたと思います。今までは必要にかられて少し勉強する程度だったのでAWSへの苦手意識もあり、そこまで自信はなかったです。しかし、取得後はプライベートでも気楽にAWSを触れるくらいハードルが下がり、会社内で飛び交うAWS関連の会話も難なくついていけるようになりました。車の免許を取得しただけで日頃から運転しないと運転できないペーパードライバーであるようにAWSの資格も取得しただけでは形だけのものになってしまうのでしっかり手を動かしてAWSを触り続けることは非常に重要です。資格を取得するだけではさほど意味は成さないと思いますがAWSを触るきっかけとしては資格取得は悪くないと個人的に思いました。

今後も余裕があればDVAやSOAも取得して4冠を目指して行きたいと思います。

RaycastとDashで爆速でドキュメント検索する(IDEでも可能)

イベント開発の保坂です。

今回はランチャーアプリ「Raycast」とドキュメント検索アプリ「Dash」を組み合わせたら便利すぎたので、そちらの紹介をしたいと思います。
数クリックでできてしまうので是非試してみてください。

1. Raycastをインストールする

最近話題のランチャーアプリ「Raycast」をまだインストールしていない場合はインストールします。

https://www.raycast.com/
Raycastとは? という方はググってみると紹介されている素晴らしい記事がたくさんあるので、そちらを参考にしてみてください。


raycast

私は使い始めたばかりなのですが特に
  • Quicklinks
  • プラグインのAWS
  • プラグインのNotion
  • Calculator(計算機)
をよく使っている気がします。


2. Dashをインストールする

こちらもまだインストールしていない場合はインストール(購入)をします。

これはドキュメントを一元管理することができ、検索したい内容をいちいち、ググって、公式ページから該当箇所を見つけるという大体毎日するであろうタスクから解放してくれるアプリです。


Django Queryset

ググってみるとスニペット用のアプリと紹介されていますが、私は Dash で スニペット機能は使用していません。

Dash は有料アプリで約30$で購入できます。たまにアップグレード版が出て有料アップデートらしいのですが、公式サイトから最新版をダウンロードしてライセンスを使用してアクティベートしようとしたら私のラインセンスはver5で古いと言われ、勝手に新しいライセンスをダウンロードするリンクがメールで送られて来たので最新ver6を使用できています。


3. Raycast と Dash をつなげる


Raycast の extentions からDash のプラグインをダウンロードすることができます。


これで Raycast 上で dash と打ち込みそのプラグインをエンターしてあとは探したい語句を打ち込むだけです。


4. (おまけ)IDE と Dash をつなげる

Dash はIDEのプラグインにもよくあります。私は Jetbrain の IDE を使用しているのですが、マーケットプレイスからDashを入れます。

プラグインの使い方説明に Cmd-Shift-D (Mac)とあるので、エディター上でググりたい単語にマウスカーソルを合わせて、そのコマンドを打てば一発でそちらのドキュメントが開きます。

検索したい時は大抵開発中でエディターと向かい合っていると思うので、Raycastを使うよりさらに早く開けます。初めてやってみると速すぎて驚きます。



Search