新着記事

右記投稿者からの投稿を見る 11月, 2017

メディアクエリを入れた Style タグつきの HTML メールを各種メーラーで見てみる

Gmail が、2016年末に HTMLメールの style のタグに対応してたということを知ったので、いよいよ style つきの HTMLメールを実用化できると思い、メディアクエリと Flex を含んだ HTML メールを送信してみました。

2017年11月現在の結果として、メディアクエリと Flex は危なそうですが style タグはメジャーな HTML メールで対応していたため、充分に実用的といえます。

HTMLソース

<head>
<meta charset="utf-8" />
<style>
*{
box-sizing: border-box;
}
.wrapper {
width: 100%;
}
.flex-container {
display: flex;
justify-content: space-between;
flex-wrap: wrap;
}

.flex-item {
border: 1px solid;
flex-grow: 1;
height: 200px;
flex-basis: 200px;
background-color: #ffd5a7;
}

.book-cover {
width: 100px;
height: 150px;
background-color: red;
}

.row {
overflow: hidden;
}

.pc2col {
width: 100%;
border: 1px solid;
background-color: #cae7ff;
float: left;
height: 100px;
}

@media (max-width: 768px) {
.visible-pc {
display: none;
}

.pc2col {
width: 100%;
}
}

@media (min-width: 769px) {
.visible-sp {
display: none;
}

.pc2col {
width: 50%;
}
}
</style>
</head>
<body>
<div class="wrapper">
<h1>Style テストメール</h1>
<h2>フレックスボックス</h2>
<div class="flex-container">
<div class="flex-item">
<div class="book-cover">A</div>
</div>
<div class="flex-item">
<div class="book-cover">B</div>
</div>
<div class="flex-item">
<div class="book-cover">C</div>
</div>
<div class="flex-item">
<div class="book-cover">D</div>
</div>
</div>

<h2>メディアクエリーブレイクポイント</h2>

<div class="visible-sp">
SPでのみ表示
</div>
<div class="visible-pc">
PCでのみ表示
</div>
<div class="row">
<div class="pc2col">
col1
</div>
<div class="pc2col">
col2
</div>
</div>
</div>

</body>

ソースコードをブラウザでそのまま表示

PCサイズ

SPサイズ

Gmail Web

PCサイズ

SPサイズ

Yahooメール Web

Outlook オンライン

iPhone の「メール」

iPhone の Gmail

iPhone Inbox

iphone Yahooメール

iPhone Yahooアプリ

Android Docomoメール

Android auメール

HTMLメルマガで避けるべき項目

メディアクエリ、Flex

本文記事で書いてある通り、メーラーによって動作まちまちなので使わない。

CSSセレクタでクラスを複数指定

style で、.header.btn のような複数クラスの指定をすると outlook オンラインで機能しない。

マイナスのマージン

margin-top: -20px; など。Gmail で機能しない。

position: relative/ position: absolute

Gmail で機能しない。

style タグ内の CSSのパースエラー

style タグ内に &quot; が混じった時、Gmail でスタイルが全て無効になった。焦るので注意。

box-shadow

Gmail で機能しない。

Django の CRUD ジェネリックビュー (ListView, DetailView, CreateView, UpdateView, DeleteView) の簡単な使い方

Django は、Python プログラミング言語で動作するウェブアプリケーションフレームワークです。

この記事は、Django の使い方を説明するものです。

Djangoの解説: The Web framework for perfectionists with deadlines | Django


Django に最初から用意されているビュー(ジェネリックビュー) を使えば、

  • オブジェクトのリスト表示
  • オブジェクトの作成
  • オブジェクトの詳細表示
  • オブジェクトの更新
  • オブジェクトの削除

のWebアプリが簡単に作成できます。

(オブジェクト=DBのレコード=モデルインスタンス=アクティブレコードオブジェクト という意味です)

Create, Read, Update, Delete をまとめて CRUD と呼んだりしますが、Django では CRUD に対応した汎用的な基底ビューコントローラが用意されているため、それを継承してビューを作ることで、安全で、読みやすいコードを書けます。

それぞれ、以下のビューコントローラに対応しています。

Create … CreateView
Read (リスト表示) … ListView
Read (詳細表示) … DetailView
Update … UpdateView
Delete … DeleteView

django.views.generic の中にいます。

Django では、これらのさらに基底となる TemplateView, FormView もありますが、やっている仕事として「モデルインスタンスを1つ作成/更新」「モデルインスタンス1つを詳しく表示」など、今回の CRUD の基底ビューに含まれる場合は、TemplateView, FormView を使うよりこれらのジェネリックビューを継承したほうがコードを読む際に書き手の意図を理解しやすいため、これらのクラスを使うべきです。

今回は、シンプルなテキストメモを作成・更新するWeb アプリのサンプルを作ってみました。
GitHubにコードを上げてありますので、同時にご参照ください。

リポジトリ

https://github.com/ytyng/django-crud-generic-view-tutorial

核心は、views.py なのでそれを見るとよくわかります。お急ぎの方はこれだけ読んでみてください。

https://github.com/ytyng/django-crud-generic-view-tutorial/blob/master/memo/memo/views.py

環境

Django 1.11, Python 3.6

ディレクトリ構造

memo/
+ manage.py
+ db.sqlite3
+ memo /
+ settings.py (Django設定(自動生成))
+ wsgi.py (WSGIランナー(自動生成))
+ urls.py (URLマップ(自動生成))
+ models.py (Memoモデルの定義)
+ views.py (ビューコントローラ)
+ forms.py (HTMLフォームクラス)
+ migrations (マイグレーションスクリプト(自動生成))
+ templates (HTMLテンプレート)
+ memo
+ base.html
+ memo_confirm_delete.html (削除確認用テンプレート)
+ memo_detail.html (詳細表示用テンプレート)
+ memo_form.html (作成、更新フォーム用テンプレート)
+ base.html (基底テンプレート)
+ memo_list.html (リスト表示用テンプレート)

コード解説

解説はコード中のコメントに書きました

models.py

from django.db import models


class Memo(models.Model):
"""
メモモデル。実質、件名と本文のみ。
"""
subject = models.CharField(
verbose_name='件名',
max_length=100,
default='',
blank=True
)

body = models.TextField(
verbose_name='本文',
default='',
blank=True
)

# created: auto_now_add を指定すると、作成日時を自動保存する
created = models.DateTimeField(
auto_now_add=True
)

# updated: auto_now を指定すると、更新日時を自動保存する
updated = models.DateTimeField(
auto_now=True
)

def __str__(self):
return self.subject

forms.py

from django import forms

from .models import Memo


class MemoForm(forms.ModelForm):
"""
Memo モデルの作成、更新に使われる Django フォーム。
ModelForm を継承して作れば、HTMLで表示したいフィールドを
指定するだけで HTML フォームを作ってくれる。
"""

class Meta:
model = Memo
fields = ['subject', 'body']

views.py

今回の核心です。Django の ListView, DetailView, CreateView, UpdateView, DeleteView をそれぞれ継承し、CRUDのビューコントローラを作成しています。

フォームクラスは、先程の MemoForm を使います。

それぞれのビューで書かなければならない内容は少なく、実務的な処理は Django に任せることで、エンジニアは UI の開発に集中できます。

from django.contrib import messages
from django.urls import reverse_lazy
from django.views.generic import \
ListView, DetailView, CreateView, UpdateView, DeleteView

from .models import Memo
from .forms import MemoForm


class MemoListView(ListView):
"""
メモを一覧表示
テンプレートは、何も指定しないと モデル名_list.html が使われる
ListView は、パジネーションもやってくれる
"""
model = Memo
paginate_by = 10 # 1ページに表示する件数


class MemoDetailView(DetailView):
"""
1つのメモを詳細表示
テンプレートは、何も指定しないと モデル名_detail.html が使われる
"""
model = Memo


class MemoCreateView(CreateView):
"""
メモ 新規作成
完了ページを作成し、success_url で指定して表示してもいいが、
django.contrib.messages の機能で、メッセージを保存して
リストビューなんかに戻した時に表示するのも簡潔で良い。
"""
model = Memo
form_class = MemoForm
success_url = reverse_lazy('memo_list')

def form_valid(self, form):
result = super().form_valid(form)
messages.success(
self.request, '「{}」を作成しました'.format(form.instance))
return result


class MemoUpdateView(UpdateView):
"""
メモ 更新
"""
model = Memo
form_class = MemoForm

success_url = reverse_lazy('memo_list')

def form_valid(self, form):
result = super().form_valid(form)
messages.success(
self.request, '「{}」を更新しました'.format(form.instance))
return result


class MemoDeleteView(DeleteView):
"""
メモ 削除
デフォルトでは、get でリクエストすると確認ページ、
post でリクエストすると削除を実行する、という動作。
実際は、レコードを削除するのではなく有効フラグを消す(いわゆる論理削除)
のケースが多いと思うので、そんな時はdeleteをオーバーライドしてその中で処理を書く。
"""
model = Memo
form_class = MemoForm

success_url = reverse_lazy('memo_list')

def delete(self, request, *args, **kwargs):
result = super().delete(request, *args, **kwargs)
messages.success(
self.request, '「{}」を削除しました'.format(self.object))
return result

urls.py

from django.conf.urls import url
from django.contrib import admin

from . import views

urlpatterns = [
url(r'^admin/', admin.site.urls),

url(r'^$',
views.MemoListView.as_view(),
name='memo_list'),

url(r'^detail/(?P<pk>\d+)/$',
views.MemoDetailView.as_view(),
name='memo_detail'),

url(r'^create/$',
views.MemoCreateView.as_view(),
name='memo_create'),

url(r'^update/(?P<pk>\d+)/$',
views.MemoUpdateView.as_view(),
name='memo_update'),

url(r'^delete/(?P<pk>\d+)/$',
views.MemoDeleteView.as_view(),
name='memo_delete'),
]

テンプレート

Bootstrap4でさっくり作ってあります。

base.html

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8" />
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1, shrink-to-fit=no">
{# Bootstrap4 で。#}
<link rel="stylesheet"
href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.0.0-beta.2/css/bootstrap.min.css"
integrity="sha384-PsH8R72JQ3SOdhVi3uxftmaW6Vc51MKb0q5P2rRUpPvrszuE4W1povHYgTpBfshb"
crossorigin="anonymous">
<title>{% block meta_title %}{% endblock %}</title>
<body>

{% if messages %}
{# Django のメッセージに記録している内容があればここで表示 #}
<div class="container">
<div class="row">
<div class="col-12">
<div class="messages mt-3">
{% for message in messages %}
<div class="alert alert-dismissable alert-{{ message.tags }}" data-alert="alert">
<button type="button" class="close" data-dismiss="alert" aria-hidden="true">&times;</button>
{{ message }}
</div>
{% endfor %}
</div>
</div>
</div>
</div>
{% endif %}

<div class="container">
<div class="row">
<div class="col-12">
<h1 class="mt-5">{% block page_title %}Memo{% endblock %}</h1>
</div>
</div>
</div>
{% block content %}
{% endblock %}
{% block foot_scripts %}
<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.2.1.slim.min.js"
integrity="sha384-KJ3o2DKtIkvYIK3UENzmM7KCkRr/rE9/Qpg6aAZGJwFDMVNA/GpGFF93hXpG5KkN"
crossorigin="anonymous"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.12.3/umd/popper.min.js"
integrity="sha384-vFJXuSJphROIrBnz7yo7oB41mKfc8JzQZiCq4NCceLEaO4IHwicKwpJf9c9IpFgh"
crossorigin="anonymous"></script>
<script src="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.0.0-beta.2/js/bootstrap.min.js"
integrity="sha384-alpBpkh1PFOepccYVYDB4do5UnbKysX5WZXm3XxPqe5iKTfUKjNkCk9SaVuEZflJ"
crossorigin="anonymous"></script>
{% endblock %}
</body>
</html>

memo_list.html

シンプルなメモ一覧テンプレート。簡易的なパジネーションつき

{% extends 'memo/base.html' %}
{% block content %}

<div class="container">
<div class="row">
<div class="col-12">
<div class="card card-default">
<ul class="list-group list-group-flush">
{% for o in object_list %}
<li class="list-group-item">
<a href="{% url 'memo_detail' o.pk %}">{{ o.subject }}</a>
</li>
{% empty %}
<li class="list-group-item">
メモはありません
</li>
{% endfor %}
</ul>
</div>
</div>
<div class="col-12">
<div class="mt-3 text-center">
{% if page_obj.has_previous %}
<a class="btn btn-secondary" href="/?page={{ page_obj.previous_page_number }}">前へ</a>
{% endif %}
<span>{{ page_obj.number }}/{{ paginator.num_pages }}ページ</span>
{% if page_obj.has_next %}
<a class="btn btn-secondary" href="/?page={{ page_obj.next_page_number }}">次へ</a>
{% endif %}
</div>
</div>
</div>
</div>

<div class="container">
<div class="row">
<div class="col-12 mt-3">
<a href="{% url 'memo_create' %}" class="btn btn-primary">新規作成</a>
</div>
</div>
</div>
{% endblock %}

memo_detail.html

詳細表示。MemoDetailView で使われる。

{% extends 'memo/base.html' %}
{% block meta_title %}{{ object.subject }}{% endblock %}
{% block page_title %}{{ object.subject }}{% endblock %}
{% block content %}
<div class="container">
<div class="row">
<div class="col-12">
<div class="card card-default">
<div class="card-body">
{{ object.body|linebreaksbr }}
</div>
<div class="card-footer">
<a class="btn btn-primary" href="{% url 'memo_update' object.pk %}">修正</a>
<a class="btn btn-danger" href="{% url 'memo_delete' object.pk %}">削除</a>
</div>
</div>
</div>
</div>
</div>
{% endblock %}

memo_form.html

新規作成/更新フォーム。 MemoCreateView, MemoUpdateView で使われる。
HTMLフォームは、MemoForm のインスタンスを bootstrap フィルタにかければ自動的にいい感じで作ってくれる。バリデーション〜エラー対応もやってくれる。

{% extends 'memo/base.html' %}
{% load bootstrap %}
{% block meta_title %}{% if object.pk %}{{ object.subject }}{% else %}新規作成{% endif %}{% endblock %}
{% block page_title %}{% if object.pk %}{{ object.subject }}{% else %}新規作成{% endif %}{% endblock %}
{% block content %}
<form method="post">
<div class="container">
<div class="row">
<div class="col-12">
{{ form|bootstrap }}
</div>
</div>
<div class="row">
<div class="col-12">
<button class="btn btn-primary">保存</button>
</div>
</div>
</div>
{% csrf_token %}
</form>
{% endblock %}

memo_confirm_delete.html

削除確認フォーム

{% extends 'memo/base.html' %}
{% load bootstrap %}
{% block meta_title %}削除確認{% endblock %}
{% block page_title %}削除確認{% endblock %}
{% block content %}
<div class="container">
<div class="row">
<div class="col-12">
<p>{{ object }} を削除していいですか?</p>
<form method="post">
<button class="btn btn-danger">削除する</button>
{% csrf_token %}
</form>
</div>
</div>
</div>
{% endblock %}

検索

最近のツイート

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    俺もスタバアプリにログインできないよ
    2 週間, 1 日 前

  • 安藤拓郎 Takuro Ando

    安藤拓郎 Takuro Ando @takuroando

    ytyng

    これまでいろんなグッズを作ってきたけど、今回は「お米」と聞いて買うしかないなと。今夜の夕食はコシヒカリ!箸もセットだし^^ https://t.co/01ucQx9qtw #腰乃展 #マンガ展 https://t.co/4VL2vOe0Og
    4 週間, 1 日 前

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    講談社さんとやった全部入り電子書籍セットがギネスブックに登録されたよー https://t.co/rbkd3IYub0
    4 週間, 1 日 前

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    https://t.co/4BcaKOjNBq ヒカキンさんのマンガ買ったもらった動画を公開後、サイト負荷限界になったけど急いでスケールアップしましたよ。マンガ買ってってー
    1 ヶ月, 2 週間 前

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    ラズパイ3届いたので倉庫用のスマート時計作る https://t.co/9TfZHOkeTu
    1 ヶ月, 3 週間 前