新着記事

Viewing posts for the category OAuth2

サーバレスアプリケーション (HTML/JSのみ) で、Google Analytics API を使ってアクティブユーザー数を表示するダッシュボードを作る

Google Analytics は、API経由で様々な数値を取得することができます。
今回は、API経由でサイトのアクティブユーザー数を取得して、Nuxtで作ったダッシュボード風JSアプリに表示してみます。

Google Analytics の APIから値を表示してウェブページに表示する場合、APIとの通信をサーバサイドで PHP や Python のプログラムで取得してウェブブラウザに表示時する方法と、ウェブブラウザ自体が直接 Google Analytics API にリクエストして表示する方法と、どちらの方法でも実現できます。

サーバサイドで行う場合、認証情報やシステムを隠蔽でき、またHTTPリクエストが無くともバックグラウンドで値を取得し続けることができるなど、大きな利点がありますが、常時起動するサーバを用意しておかないといけないため構築が若干手間です。

今回は、手間をかけずに実現したかったため、ブラウザと静的リソースのみで動作するものを作ります。
APIへの認証は、ブラウザにログインしている Google ユーザーが行います。

認証のしくみ

Googleの提供している APIは、OAuth2 の認証・認可が必要となります。

アプリのページを開くと、Google のログインページを表示して認証を求め、認証されるとダッシュボードアプリの指定したコールバックURL にリダイレクトされるようにします。

リダイレクトされると、コールバックURL末尾の # (ハッシュ, フラグメント) の後にアクセストークンが含まれた状態になりますので、それを nuxt 内の JSでパースし、ブラウザのメモリ(変数)に格納します。

注意点として、認証情報(アクセストークン)がブラウザの変数に格納されるため、XSSが発生した際にアクセストークンが漏洩するリスクがあります。これはJSで認証情報を扱う以上避けられません。

XSSによる認証情報漏洩を防ぐには、GoogleとのAPIリクエストをサーバサイドで行い、サーバとの認証は httpOnly属性のついたセッションクッキーで行うべきですが、今回は、静的リソースなのでXSSは通常発生しないという前提の元、リスクを受容した上でクライアントサイドJSで機能を提供するものとします。

コールバックURLから取得したアクセストークンを認証ヘッダに含めて、ブラウザから Google Analytics にAPIリクエストをすることで、アクティブユーザー数などを取得できます。

アクセストークンは、localStorage に保存すると、セッション終了後も保持されるため漏洩の危険性が上がります。そのため変数として保存するだけにとどめます。ただし、OAuth2の state パラメータは、ブラウザセッションが変更されても維持する必要があるため、localStorage に一時的に保存します。

アプリのページを開くたびに、OAuth2のアクセストークンをリクエストし続けるとすると、毎回 Google のアカウント選択ページが出て面倒なように感じられるかもしれませんが、実際に使ってみるとそんなことはなく、一度ブラウザと Google の認証セッションクッキーが作られればあとはリダイレクトしか発生せず、1秒程度で自動的に認証が終わりアクセストークンが取得済みの状態になりますので、使用感として悪くはありません。

 試しにAPIにリクエストする

https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/realtime/v3/reference/data/realtime/get?#try-it

こちらの Google アナリティクスのページを見ると、APIの説明と共に、中央もしくは右側にAPIのテストリクエストができるフォームが表示されます。

ids に、 ga: を先頭につけた GoogleAnalytics のID番号を書き、metrics は rt:activeUsers を入れ、

下部 「Google OAuth 2.0」と「API key」にチェックを入れ、「Execute」 ボタンを押します。

すると、さらに下部にレスポンスデータが表示されます。
この情報を、nuxt 等ウェブアプリケーションで取得できます。

作り方

Google Cloud Platform のプロジェクトを作る

まず、Google APIを使うため、GCPのプロジェクトを作ります。

GCPのダッシュボードの上部ヘッダから、プロジェクトを新しく作ります。
https://console.cloud.google.com/home/dashboard

ライブラリの追加

プロジェクトを作ったら、APIとサービスページを開きます。
https://console.cloud.google.com/apis/dashboard

左メニューの「ライブラリ」をクリックし、ライブラリの追加ページで、Google Analytics API と Google Analytics Reporting API を有効にします。

認証情報の追加

次は、認証情報ページを開きます。
https://console.cloud.google.com/apis/credentials

上部「認証情報を作成」リンクから、「API キー」を選択し、APIキーを一つ作ります。

続いて、「認証情報を作成」リンクから、「OAuthクライアント ID」を選択します。

アプリケーションの種類 は、今回は「ウェブアプリケーション」で、名前は、適当に「nuxt client」とかにします。

「承認済みの JavaScript 生成元」は、クロスオリジンリクエストを許可するオリジン名です。
平文 http でもOKなので、

http://localhost:3000

などを追加しておきます。

「承認済みのリダイレクト URI」は、OAuth2 の認証フローのリダイレクトURL(コールバックURL)です。
認証完了時、このURLに、アクセストークンが URLに含まれた形でリダイレクトされます。
今回は、

http://localhost:3000/code

としました。
本番用のURLが決まっていたら、その分も追加します。後からでも追加できます。

スクリーンショットの例は、ローカルPCで docker + Nginx でポート80 でサービスする場合を考慮し、
http://localhost も追加してあります。

ちなみに、クライアントID とクライアントシークレット が作成されますが、ブラウザからのリクエストの場合はクライアントシークレットは使いません。

OAuth 同意画面は、今回は社内用途のみ考慮しているので「内部」を選択し、作成します。

プロジェクトの状態によっては、この選択肢は無いかもしれません。

これで、GCP のプロジェクトの設定は終了です。

アプリを書く

今回は、nuxt + TypeScript で書きます。すべてを載せると冗長なので、要点のみ記載します。

流れとしては、

1.
まずブラウザで / ページ表示時。
最初はアクセストークンが無いため、
store/auth.ts の navigateTokenRequestUrl がコールされる。

2.
navigateTokenRequestUrl の中では、ステートパラメータを作ってローカルストレージに保存し、
Google の認証URLに遷移。

3.
認証が完了すると、リダイレクトURL である /code に着地します。

4.
/code では、URLのハッシュ(フラグメント) から、アクセストークンとステートを取得し、
ステートの一致を検証後、アクセストークンを保存し、/ に遷移します。

5.
/ では、今回はアクセストークンがあるため、
コンポーネント内でそのアクセストークンを使って Google API でリアルタイムユーザー数を取得して表示します。

6.
このアクセストークンの寿命は1時間のため、1時間するとGoogle API は http 401 を返すようになります。
その場合、もう一度アクセストークン取得URLに遷移することで、アクセストークンの取り直しをします。

この時、Google とのセッションクッキーが認証済みであれば、ユーザー操作は不要で、一瞬画面がちらつくだけでアクセストークンの更新が完了します。

設定ファイル settings.ts

export const GOOGLE_API = {
authAPIEndpoint: 'https://accounts.google.com/o/oauth2/v2/auth',
analyticsAPIEndpoint: 'https://www.googleapis.com/analytics/v3/data/realtime',
clientId: '<GoogleAPIの認証情報で作成されてたクライアントID>.apps.googleusercontent.com',
apyKey: 'AIz<GoogleAPIの認証情報で作成されてたAPIキー>o04',
scope: 'https://www.googleapis.com/auth/analytics.readonly'
}

export const GOOGLE_ANALYTICS_ACCOUNTS = [
{
id: '157xxxxx',
title: 'サイト1'
},
{
id: '872xxxxx',
title: 'サイト2'
},
]

型ファイル types/tasks.d.ts

interface TaskResult {
success: boolean;
message: string;
}

Vuex Store モジュール store/auth.ts

import { Action, Module, Mutation, VuexModule } from 'vuex-module-decorators'
import { GOOGLE_API } from '~/settings'

// OAuth2 state パラメータの localStorage一時保存用
const LOCAL_STORAGE_AUTH_STATE_KEY = 'authState'

@Module({
name: 'auth',
stateFactory: true,
namespaced: true
})
export default class extends VuexModule {
accessToken: string = ''

/**
* 認証済みか?
*/
get authorized () {
return this.accessToken !== ''
}

/**
* アクセストークンを保存
*/
@Mutation
setAccessToken (token: string) {
this.accessToken = token
}

/**
* OAuth2 認証URLに移動する
*/
@Action
navigateTokenRequestUrl () {
// 乱数で state パラメータを作成
const authState = [...Array(30)].map(
() => Math.random().toString(36)[2]).join('')
// state パラメータをローカルストレージに保存する
window.localStorage.setItem(LOCAL_STORAGE_AUTH_STATE_KEY, authState)
const params = [
['scope', GOOGLE_API.scope],
['include_granted_scopes', 'true'],
['response_type', 'token'],
['state', authState],
['redirect_uri', `${window.location.origin}/code`],
['client_id', GOOGLE_API.clientId]
]

window.location.href = `${GOOGLE_API.authAPIEndpoint}?` +
params.map(i => `${i[0]}=${encodeURIComponent(i[1])}`).join('&')
}

/**
* OAuth2認証完了後のURLのハッシュ(フラグメント)を解析して、アクセストークンを保存
*/
@Action
parseResponseParamsString (paramsString: string) : TaskResult {
// #key=value&key2=value2 形式の文字列を URLSearchParams にする
const usp = new URLSearchParams(
paramsString.replace(/^#/, '')) as any
// URLSearchParams を辞書型(マップ型)変数に変換
const paramsDict = [...usp.entries()].reduce(
(dict, e) => ({ ...dict, [e[0]]: e[1] }), {})
// localStorage に保存されている state と一致しているか検証
if (paramsDict.state !== window.localStorage.getItem(
LOCAL_STORAGE_AUTH_STATE_KEY)) {
return {
success: false,
message: 'stateが一致していません'
}
}
// state はもう使わないので消す
window.localStorage.removeItem(LOCAL_STORAGE_AUTH_STATE_KEY)
// アクセストークンがあるか検証
if (!paramsDict.access_token) {
return {
success: false,
message: 'アクセストークンが取得できません'
}
}
// アクセストークンがあったので変数に保存する。認証成功。
this.setAccessToken((paramsDict.access_token))
return {
success: true,
message: ''
}
}
}

pages/index.vue

ユーザーが最初に表示するページ

<template>
<div>
<header class="d-flex text-white p-2">
<div class="flex-grow-1 py-1">
Developer Dashboard
</div>
</header>
<div v-if="authorized">
<div class="container-fluid">
<div class="row">
<div
v-for="account in googleAnalyticsAccounts"
:key="account.id"
class="col-6 col-md-4 col-xl-3 my-3"
>
<RealtimePanel
:analytics-id="account.id"
:title="account.title"
/>
</div>
</div>
</div>
</div>
</div>
</template>

<script lang="ts">
import { Component, Vue } from 'nuxt-property-decorator'
import { authStore } from '~/store'
import RealtimePanel from '~/components/RealtimePanel.vue'
import { GOOGLE_ANALYTICS_ACCOUNTS } from '~/settings'
@Component({
components: {
RealtimePanel
}
})
export default class Index extends Vue {
get accessToken () {
return authStore.accessToken
}

get authorized () {
return authStore.authorized
}

get googleAnalyticsAccounts () {
return GOOGLE_ANALYTICS_ACCOUNTS
}

requestToken () {
authStore.navigateTokenRequestUrl()
}

mounted () {
// 認証済みでなければトークン取得URLへ遷移
if (!authStore.authorized) {
this.requestToken()
}
}
}
</script>

pages/code/index.vue

OAuth API 認証後のリダイレクトURL(コールバックURL)

<!--
OAuth2 認証後にリダイレクトされるURL
URLに含まれるハッシュ(フラグメント)から、アクセストークンを取得して変数に格納する。
-->
<template>
<div>
code received
</div>
</template>

<script lang="ts">
import { Component, Vue } from 'nuxt-property-decorator'
import { authStore } from '~/store'
@Component({
components: {
}
})
export default class Index extends Vue {
getRequestToken () {
authStore.navigateTokenRequestUrl()
}

async mounted () {
const taskResult = await authStore.parseResponseParamsString(
window.location.hash.replace(/^#/, ''))
if (!taskResult.success) {
throw new Error(taskResult.message)
}
this.$router.push('/')
}
}
</script>

components/RealtimePanel.vue

<!--
GAのアカウント1つに対応
一定時間ごとに、リアルタイムユーザー数を更新し続けるコンポーネント
-->
<template>
<div class="card">
<div class="card-header h2 py-3 text-truncate">
{{ title }}
</div>
<div class="card-body">
<div v-if="errorMessage" class="my-4">
{{ errorMessage }}
</div>
<div v-if="responseSuccess" class="text-center my-4">
<div class="display-1 fw-bold">
{{ activeUsers|addComma }}
</div>
<div class="text-muted small">
Active User
</div>
</div>
</div>
</div>
</template>
<script lang="ts">
import { Component, Vue, Prop } from 'nuxt-property-decorator'
import { authStore } from '~/store'
import { GOOGLE_API } from '~/settings'

@Component({
components: {
}
})
export default class extends Vue {
activeUsers: number | null = 0
responseSuccess: boolean = false
errorMessage: string = ''

@Prop({
type: String,
required: true
})
title!: string

@Prop({
type: String,
required: true
})
analyticsId!: string

mounted () {
this.reloadPolling()
}

reloadPolling () {
this.reload()
setTimeout(() => {
this.reloadPolling()
}, 20000)
}

async reload () {
const response = await this.$axios.get(
GOOGLE_API.analyticsAPIEndpoint, {
params: {
key: GOOGLE_API.apyKey,
ids: `ga:${this.analyticsId}`,
metrics: 'rt:activeUsers'
},
headers: {
Accept: 'application/json',
Authorization: `Bearer ${authStore.accessToken}`
},
validateStatus: _ => true
}
)
// トークン期限切れ
if (response.status === 401) {
authStore.navigateTokenRequestUrl()
return
}
// 403: アクセス過多など
if (response.status !== 200) {
this.responseSuccess = false
this.errorMessage = `ERROR: ${response.status}`
return
}
if (response.data) {
this.activeUsers = parseInt(response.data.totalsForAllResults['rt:activeUsers'])
this.responseSuccess = true
this.errorMessage = ''
}
}
}
</script>

Djangoプロジェクト間を OAuth2 連携する

ローカル環境に Django プロジェクトを2つ作り、OAuth2で(ダミーの)プロフィール情報を取得するまで書きます。

2つの Django プロジェクトを作ります。test_provider, test_consumer です。

OAuth2の認証フローは、サーバ間通信のため「Authorization Code」形式で行います。

OAuth2についての情報は IPAのページ などにあります

ソースコードを github に上げました。

Django プロジェクト 概要

test_provider

起動ポート 8000
ユーザーのIDとハッシュ化パスワードを保持します。
OAuth2 プロバイダを提供します。
ユーザーに test_provider への情報提供の認可を問います。
django-oauth-toolkit を使います

test_consumer

起動ポート 8001
ユーザーが最初にアクセスする Webページ
ユーザーに test_provider への認可ページへ誘導します。
ユーザー認可後は、このプログラムが test_provider へリクエストを行い、情報をもらいます。
django-allauth を使います。

※なお、django-allauth と同じくらい使いやすいのが python-social-auth です。Django のライブラリも含んでいます。

django-social-auth というライブラリも見かけると思いますが、Python3に対応していないのでやめておきましょう。

OAuth2プロバイダの開発

django-oauth-toolkit の素晴らしいドキュメントがここにあります。
「Make a Provider in a Minute」という挑発的なタイトルですが、
認証モデルにこだわりがなければほんとにすぐ作れます。
がんばっても1分では作れないと思いますが…。

Django プロジェクトの作成

$ mkdir test-oauth
$ cd test-oauth

$ django-admin.py startproject test_provider
$ pip install django-oauth-toolkit django-cors-headers

$ cd test_provider

test_provider/settings.py の編集

INSTALLED_APPS に追加

    'oauth2_provider',
    'corsheaders',

MIDDLEWARE_CLASSES に追加

'corsheaders.middleware.CorsMiddleware',

末尾に追加

CORS_ORIGIN_ALLOW_ALL = True

test_provider/urls.py の編集

from django.conf.urls import url, include
from django.contrib import admin
from .views import profile_view

urlpatterns = [
    url(r'^admin/', admin.site.urls),
    url(r'^o/', include('oauth2_provider.urls', namespace='oauth2_provider')),
    url(r'^api/profile/$', profile_view, name='profile'),
    url(r'^accounts/login/', 'django.contrib.auth.views.login', name='login',
        kwargs={'template_name': 'admin/login.html'}),
]

test_provider/views.py の作成

from django.http import JsonResponse
from oauth2_provider.views.generic import ProtectedResourceView

class ProfileView(ProtectedResourceView):
    def get(self, request, **kwargs):
        user = request.resource_owner

        return JsonResponse({
            'user_id': user.id,
            'email': user.email,
            'date_joined': user.date_joined,
            'secret_message': 'The quick brown fox',
        })

profile_view = ProfileView.as_view()

DB に反映

$ ./manage.py migrate

Adminユーザーの作成

OAuthプロバイダを追加設定するためには、Adminユーザーが必要なため作っておきます。

$ ./manage.py createsuperuser

テストサーバの起動

$ ./manage.py runserver 8000

OAuthプロバイダの設定

プロバイダの設定ページにアクセスするために、一度 Admin サイトにログインしておきます。

http://127.0.0.1:8000/admin/

Admin サイトにログイン後、アプリ追加ページを開きます。

http://127.0.0.1:8000/o/applications/

Click here をクリックします。

Register a new application ページとなるので、

Name: test-consumer (何でも良い)
Client type: Confidential
Authorization grant type: Authorization code
Redirect urls:
http://localhost:8001/accounts/testprovider/login/callback/
http://127.0.0.1:8001/accounts/testprovider/login/callback/

このように入力し、saveします。

作成した OAuthプロバイダは、このツールで簡単なテストができます。

client_id に先ほどの client_id をコピペし、
Authorization url は http://localhost:8000/o/authorize/ を入れればなんとなくのテストができます。

テストユーザーの作成

Admin から、テストユーザーを作っておきます。

http://127.0.0.1:8000/admin/auth/user/

ADD USER をクリックし、適当なユーザーを作っておいてください。
OAuth2 でのログイン時、このユーザーID/パスワードでログインを行うことになります。

引き続き、OAuthコンシューマの開発を行います。

起動中の Django テストサーバは、そのまま起動させっぱなしにしておいてください。

OAuth2コンシューマテストアプリの作成

Django プロジェクトの作成

$ cd test-oauth

$ django-admin.py startproject test_consumer
$ pip install django-allauth

$ cd test_consumer

ここでは、OAuth クライアントライブラリ django-allauth をインストールしています。

django-allauth は多彩はクライアント接続に対応した、多機能なライブラリで、django1.9 + Python 3.5 でも動きますので使い勝手が良いです。

django-allauth のドキュメントはここ

設定

http://django-allauth.readthedocs.io/en/latest/installation.html

test_consumer/settings.py

TEMPLATES の OPTIONS の context_processors に追加

'django.template.context_processors.request',

Django 1.9 なら、デフォルトで入ってると思います。

INSTALLED_APPS に追加

    'django.contrib.sites',
    'test_consumer',
    'allauth',
    'allauth.account',
    'allauth.socialaccount',
    'allauth.socialaccount.providers.google',
    'allauth.socialaccount.providers.twitter',
    'testprovider',  # これから作る

allauth.socialaccount.providers.* は任意に選んで追加してください。
テストのために google と twitter を追加しています。

どんなプロバイダが準備されているかは公式ドキュメントに書いてあります。

http://django-allauth.readthedocs.io/en/latest/installation.html

末尾に追加

AUTHENTICATION_BACKENDS = (
    'django.contrib.auth.backends.ModelBackend',
    'allauth.account.auth_backends.AuthenticationBackend',
)

SITE_ID = 1
SESSION_COOKIE_NAME = 'test-consumer-session-id'

test_consumer/urls.py

from django.conf.urls import url, include
from django.contrib import admin
from django.views.generic import TemplateView

urlpatterns = [
    url(r'^admin/', admin.site.urls),

    url(r'^$', TemplateView.as_view(template_name='index.html')),
    url(r'^accounts/', include('allauth.urls')),

]

テンプレートの作成

$ mkdir test_consumer/templates
test_consumer/templates/index.html を作成

{% load socialaccount %}
{% load account %}

<html>
<head>
<meta charset="utf-8" />
</head>
<body>

<a href="{% provider_login_url "twitter" %}">Twitterでログイン</a><br />
<a href="{% provider_login_url "google" %}">Googleでログイン</a><br />
<a href="{% provider_login_url "testprovider" %}">Test Provider でログイン</a><br />

<hr />
{% if user.is_authenticated %}
  ログインユーザー: {% user_display user %}<br />
  {% for sa in user.socialaccount_set.all %}
    {{ sa.extra_data }}<br />
  {% endfor %}
{% endif %}
</body>
</html>

testprovider アダプタの作成

allauth に入っている、google のアダプタを改修して作るのが最も手軽でしょう。

allauth/socialaccount/providers/google このディレクトリをまるごとコピーし、
testprovider としてペーストします。 ( manage.py がいるディレクトリに)

内容は以下のようになります。

testprovider/provider.py

from allauth.socialaccount import providers
from allauth.socialaccount.providers.base import ProviderAccount
from allauth.socialaccount.providers.oauth2.provider import OAuth2Provider

class TestAccount(ProviderAccount):

    def to_str(self):
        dflt = super(TestAccount, self).to_str()
        return self.account.extra_data.get('name', dflt)

class TestProvider(OAuth2Provider):
    id = 'testprovider'
    name = 'Test Provider'
    account_class = TestAccount

    def get_default_scope(self):
        return ['read', 'write']

    def get_site(self):
        settings = self.get_settings()
        return settings.get('SITE', 'testprovider')

    def extract_uid(self, data):
        uid = str(data['user_id'])
        return uid

    def extract_common_fields(self, data):
        return dict(username=data.get('email', 'no name'))

providers.registry.register(TestProvider)

testprovider/urls.py

from allauth.socialaccount.providers.oauth2.urls import default_urlpatterns
from .provider import TestProvider

urlpatterns = default_urlpatterns(TestProvider)

testprovider/views.py

import requests

from allauth.socialaccount.providers.oauth2.views import (OAuth2Adapter,
                                                          OAuth2LoginView,
                                                          OAuth2CallbackView)
from allauth.socialaccount.providers import registry

from .provider import TestProvider

from django.conf import settings

server_url_prefix = getattr(
    settings, 'TEST_PROVIDER_URL_PREFIX',
    'http://127.0.0.1:8000')

class TestOAuth2Adapter(OAuth2Adapter):
    provider_id = TestProvider.id
    access_token_url = server_url_prefix + '/o/token/'
    authorize_url = server_url_prefix + '/o/authorize/'
    profile_url = server_url_prefix + '/api/profile/'

    def complete_login(self, request, app, token, **kwargs):
        provider = registry.by_id(app.provider)
        resp = requests.get(self.profile_url,
                            params={'access_token': token.token})

        extra_data = resp.json()
        return self.get_provider().sociallogin_from_response(
            request, extra_data)

oauth2_login = OAuth2LoginView.adapter_view(TestOAuth2Adapter)
oauth2_callback = OAuth2CallbackView.adapter_view(TestOAuth2Adapter)

DBのマイグレーション

$ ./manage.py migrate

Adminユーザーの作成

$ ./manage.py createsuperuser

テストサーバの起動

$ ./manage.py runserver 8001

アプリケーションの登録

http://127.0.0.1:8001/admin/

Admin サイトにログイン後、SOCIAL ACCOUNTS の Social applications の +Add をクリックします。

Provider: Test Provider
Name: Test Provider
Client id: 先ほどの 8000 admin で作った Client id
Secret key: 先ほどの 8000 admin で作った Secret key
Key: 空
Sites: example.com を選択

これで、Save します。

Google, Twitter など他サービスへのログインも必要であれば、ここから追加できます。

クライアントとしての動作テスト

先ほど、8000ポートにログインしたブラウザとは別のブラウザを使います。(ログアウト状態になっているため)

http://127.0.0.1:8001/

ここで、「Test Provider でログイン」をクリックします。

( AllAuth が自動的にログインフォームを提供してますので、このURLからでもいけます。/accounts/login/ )

そうすると、8000 ポートへ転送され、ログインフォームが出てきます。
今回は時間節約のため、Django Admin のログインフォームを流用していますが、
通常は自作のログインフォームをここで表示させることになると思います。

8000 (test_provider) で作ったテストユーザーでログインしてみましょう。

ログインが成功すると、認可を求めるページとなりますので、「Authorize」をクリック。
ちなみに、この認可を求めるページは、8000 (test_provider) の Admin の アプリ設定の、「Skip authorization」にチェックを入れると省略できます。

ログインに成功すると、8001 ポートに戻ってきます。

http://127.0.0.1:8001/accounts/profile/
が表示されますが、このページはまだ作っていませんので Not found になります。

情報取得は成功していますので、トップページのURLを手で入力して情報を見てみます。

http://127.0.0.1:8001/

トップページ下部に、API取得した extra_data を表示する箇所があります。
そこに、OAuth2 のプロバイダから取得した情報が表示されるのが確認できます。

OAuthプロバイダの /api/profile/ から取得した 'secret_message': 'The quick brown fox' が、OAuthコンシューマで取得できているのが確認できます。

ソースコードは Github に上げました。

Search

Recent Tweets

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    Twitter のログインAPIがつながらなくなった
    3 weeks, 4 days ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    @AkioMabuchi 私もエラー確認してます
    3 weeks, 4 days ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    会社のWifi アクセスポイントは1部屋に3つだと全然さばききれなくなってきたので、1デスク島に1つ(6人あたり1つ) という構成にした。メッシュ化したりするとボトルネックがわかりにくいので、SSIDをAPごとユニークにした。高級… https://t.co/GxCsNOgkjQ
    3 weeks, 6 days ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    楽天API が E00-901 エラー出してる。
    4 weeks ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    楽天ポイントなんかも障害中なのね
    1 month ago